販売されているサプリメントの購入時に注意すべき点

ドラッグストアなどで販売されているサプリメントを買う時には、商品選びの時に留意しておきたいことがあります。

法律上は、サプリメントは食品として販売されています。そのため、食品として扱える成文だけが、サプリメントに使うことができます。加工食品にカテゴリー分けされているサプリメントは、食品販売の許可がなくても売ることができますが、守るべき法律はあります。

健康食品に関する法律や食品衛生法、薬事法などの食品関係の法律を守った上で、サプリメントを販売しなければならないようになっています。医薬品とサプリメントは区分が違うので、サプリメントは薬のように効能を記載できません。

法律上は食品としてサプリメントを売っている以上は、薬のように何らかの身体症状を改善する効果があると書くことはできず、仮にそれをすると薬事法に対する違反行為になります。店舗販売以外の形式でも同じことがいえるので、訪問販売や、通販でも、効能書きはできません。

販売店によっては、法律で制限されている範囲ギリギリになりそうな売り方をしているところもあるので気をつけましょう。基本的に、サプリメントは公正取引法や、景品表示法に従って表示内容を決められていますので、オーバーな宣伝をしている商品は注意する必要があります。

販売されている商品の数が多いため、はじめてサプリメントを購入するときは、どのように選択すれば良いのか迷うものです。人気の高いサプリメントや、高評価のサプリメントについて、ネット通販で調べてみることもできます。

サプリメントに配合されている成分や、原材料、それぞれの性質について調べた上で、納得のいくサプリメント探しをしてみましょう。

コメントを残す