サプリメントを摂取することで考えられる弊害について

飲み方や、使い方によっては、サプリメントには弊害が起きてしまう可能性があります。

体の健康を保つためには、必要不可欠なビタミンやミネラルなどの栄養素を摂取することが大切です。栄養の補給源は原則として食事になりますが、栄養バランスがとれていない食事をしている人は最近は多いようです。健康を保つために摂取したい栄養を、食事だけでは補いきれないからという理由でサプリメントを使って欠乏気味の栄養を取り入れているような人もいます。

ビタミンやミネラル、その他様々なサプリメントがありますが、使い方次第では健康効果ではなく弊害が起きることがあります。体にいい栄養なら、摂れば摂るほど効果が高いと思っている人もいますが、過剰な摂取は身体にとって弊害をもたらすことがあります。

ついうっかりサプリメントを飲み過ぎてしまった場合でも、脂溶性のビタミンは身体に蓄積されますので、要注意です。

喫煙者がサプリメントからビタミンAを過剰に摂取をすると肺がんのリスクが高まったり、妊婦が摂りすぎると産まれてくる子供の先天異常のリスクが高まります。サプリメントは、保存や着色の目的で添加物を入れることが多いですが、添加物は本来身体には不要なものばかりです。

大量の添加物を摂取することがないように注意をしましょう。添加物といっても様々な用途で使われるものがあり、本来、体内に取り入れたい栄養素よりも、添加物のほうが多いということもありがちです。

自分の症状を把握して、どういう点を改善したいのかを明確にした上で、と自分に合うサプリメントを探すようにしましょう。

コメントを残す